2011年06月09日

夢ノートの書き方

Fotolia_6676448_XS.jpg

夢ノートをつけ始めてだいぶいろいろなことがかないました。
しばらくすると人間サボりがちになるもの、
目標を達成して、次の目標を立てないと、現状に甘んじてしまいます。

夢をかくというのがとても大事なことで、
人間は思い描いてそれをやると思わないとそこに向かって行動しないのです。

逆に言えば、夢ノートに箇条書きにするだけで、
そこに向かって人間は行動できるということ。

そしてできれば期間をかいておきます。
たとえば100万円ためるとかいても、それは一生かければたやすいこと。
一週間でといえばなにか荒業になってしまいそう。

具体的に1ヶ月とか2ヶ月とかけば
その期間でためる方法を人間は考えることになります。

たとえば、3年でパンやさんになるとかけば
かならず3年計画で考えるということです。
自分に時間がなければ1年でパン屋を営業すると書いて、
そこにむかって進みます。

夢ノートはどんなノートでもOK
使い古しでも、なんでもノートに書きます。
経験上便利なのはポケットに入るサイズ。
100円均一でもありますからまずはそこからスタート。

慣れてきたら高価な手帳を買ってもよいし
さいしょからデザインのよい手帳にしてもよいでしょう。

どんどん手帳が埋まるまで夢を書いて見ましょう。


posted by 夢工房 at 22:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 夢ノート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
応援よろしくお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
         
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。